ネガポジ日記#10「どうせ誰も見ていない」



さっき思い出した。




あ、今日ブログ書く日だ。




何を書こうかなと考える。




というか、そもそもブログって、なんのためにできたんだろう。



普段の思うことを書き連ねるのは日記であり、それを他人に見せつけるのがブログ。



自己顕示欲の塊だ。それがブログだ。



しかしこの毎週書かされるブログはなんだ。




宿題だ。




毎週忙しい中、思ってることを書いて発表しなければならない。




いつかこのブログを一冊の本にして、販売する日が来るとなると、中途半端な文章は書けない。



文字制限もなければ、お題もないこの宿題は、逆に難しい。



それに、やはり文章を書くという行為を毎週やるうちに、自分の文才の無さに気がつく。



まだこれしか書いていないけど、きっとこのブログを読み始めてここまでたどり着いた人はそんなに多くない。



むしろ誰も読んでないと思ってる。




誰も読んでない。















ちんちん。
















多分今ぽろっと書いた卑猥な言葉も誰の目にも留まらない。














チョビピゲファンタビルーニャ
















この謎の呪文も誰にもかからない。










ネタがないのだ。あと今少し疲れてる。

今回のブログを書き始める時にちんちんって書こうとは1ミリも思ってなかった。




誰の目にも留まらないのなら、それは書いてないのと同じ。



結局叶えられなかったら、努力しても無駄。



だったら諦めて、ちゃんとお金稼いだらいいのに。




そうかもしれないな。






朝起きて、眠い目をこすりながら、学校に行くのは、大変だけど、幸せなんだな。





だってそれが今の自分のやるべき事だから。


もしも卒業をしてしまったら、僕は朝起きてからどこに行くんだろうか。




お昼ご飯を買いに行くのかな、友達と遊び行くのかな、それとも稽古に行くのかな。



なんにしたってお金はどこからもらえるのかな。



年齢が上がるにつれて、近づいて来るのは現実的だ。


これからどうしようってずーーーーっとだらだら考え続けて。



怖くなるから、お酒を飲むのだ。

ちょっぴり明るくなれるから。


でもそれは、現実から逃げてるだけ、目を背けてるだけ。




毎週書かされるブログ。

自分でもどんなことを書くのか楽しみなのだ。


意外とやり続けれている宿題。




これが何かの自信になるのかも。



このブログが10年続くくらい頑張りたい。


それくらい。そんくらい。
















おちんちん。