エモエモ日記 #7 「たぶん猫」








「猫が飼いたい。」







向かいに座る男がこっちを見やった。


訝しんでいるようにも、苦笑しているようにも見えた。







「猫が飼いたい。」







終電の電車内に響く弱々しい声は、間違いなく自分の口から漏れていた。




普段なら気にする周囲の目も、今は気にならない。


そこに意思はなく、ただの感情だけがあった。





内に留めておくことができないほど迸る感情。


抑えることは不可能だった。








「猫が飼いたい。」







僕は孤独に狂わされたのかもしれない。



もしくは、ストレスから来る疲労のおかげか。








「猫が飼いたい。」








どちらでも構わなかった。



もう頭の中はスコティッシュフォールドでいっぱいだったから。














着の身着のまま自室の床に倒れ込む。



いつの間にか帰宅していた。



布団まで動くことも煩わしく、このまま寝てしまいそうになる。






こんなとき、疲労も一瞬で吹き飛ばすほどの癒しがあれば...。












そのときだった。




不意に、温かくて湿った何かが頬を撫でた。










いや、「撫でた」のではなく、「舐められた」。




おもむろに顔を上げた。








そこにいたのは、たぶん、猫だった。











猫っぽいが、なんとなく猫ではない気がする。






猫といえば猫なのかもしれない。







恐らく猫だった。












まあ細かいことなどどうでもいい。




あれだけ飼いたいと思っていた猫が、こうして自室に、目の前にいるのだ。



今はただ喜びだけを噛み締めていたかった。








猫は悠然と部屋を歩き、コツンと壁にぶつかると、向きを変えてまた歩き出す。





そんな可愛らしい仕草を見ていたら、日頃の疲れなど初めから無かったような気さえしてきた。








猫、すごい。







猫、かわいい。







飼っててよかった、猫。












呼び掛けたら反応してくれるんだろうか。










「おーい。」












猫は愛らしく「ニャー」と鳴いた。











それから続けて、



「愛称を決めてください。」



と優しい声で言った。













喋った...。














「愛称を決めてください。」









声は猫に搭載されているスピーカーから聞こえていた。









これは猫なのか?




よく見れば、猫は短い円柱の形状をしている。








うーん...。









猫ではないような気がしてきた。








猫じゃないといえば猫じゃないっぽい。






猫じゃないかもしれない。







側面に「amazon」のロゴが入っている。















たぶん猫じゃない。













猫っぽい何かは再び、



「愛称を決めてください。」



と言った。






そのとき、はたと気付いた。






スピーカーから流れるのはあまりに甘く、そして柔らかい声。












「猫なで声だ...」
















(続く)

最新記事

すべて表示

新宮岩塚のエモエモラジオ #1「『べっぴんさん』の宣伝をしよう」

新宮と岩塚が、思いつきで録ったラジオです。通話で録音したため音質が悪いです。ご了承ください。 https://static.wixstatic.com/mp3/b9fa03_4ef0f54b19c949efb8f547369718f187.mp3 第一回は、観劇三昧さんにて現在、無料配信中の「べっぴんさん、1億飛ばして」をみんなに見てもらうためにしゃべりました。 「べっぴんさん、1億飛ばして」の視